FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百五十三日目福島2

2013/09/27

DSC04684_R.jpg
朝6時半、職質で叩き起こされました。
彼らの仕事なので仕方が無いのですが、
安眠妨害は腹立ちます。
(#^ω^)ピキピキ
「よそ者は泥棒だと思え」を地で行っています。
百五十三日目は気分の悪いスタートです。

今日は未知(無知)との遭遇です。



最初の目的地はUFOふれあい館です。飯野町の千貫森に来ました。
DSC04685_R.jpg
助けてーモルダー!!
朝から謎の石像と不期遭遇です。
Identified Flying Object、略してIFOの搭乗者かもしれません。

始めはハイキングです。
DSC04686_R.jpg
遊歩道ならぬUFO道を登ってみます。
まあ、実際は普通の遊歩道です。

DSC04689_R.jpg
道すがらに顔面チクビや、

DSC04690_R.jpg
ステレオタイプの火星人がいます。

千貫森の頂上に到着。
DSC04696_R_201310131931417fa.jpg
展望台がありますが、ここからの眺望はイマイチです。

DSC04697_R.jpg
ここにも怪しい石像があります。
千貫森は標高462.5mの端麗な円錐形の山で、
昔から正体不明の発光体が目撃されるらしいです。

DSC04716_R_20131013193228d7d.jpg
UFOふれあい館の本館に入ります。

館内は(自称)宇宙人の模型や出所不明で有名な資料が張られています。
DSC04741_R_201310140321548cc.jpg
ケロロ軍曹にも出てきたウンモ星人のUFO。
この写真のUFOは偽物だと判明したらしいのですが…

DSC04740_R.jpg
最近やらなくなってしまったUFO特番が上映されていました。
この手の番組は大好きなので暫く見入ります。

1259656467911_R_2013082018375634f.jpg
『安易に地球圏外の来訪者と接触を持つのは危険だぞ』
未知との交流は夢があって良いじゃないですか。
『接触相手が経済的な侵略者だったらどうする? 植民星や奴隷星になってしまうぞ』
確かに土地が欲しいだけならば、知的生命がいない星に入植します。
知的生命に接触してくるのは、新規市場の開拓が目的かもしれません。
『発展途上星になって延々と搾取されるぞ』

実際には、宇宙は広すぎるので星間交易はほぼ不可能です。
輸送コストと輸送時間がかかり過ぎるので商売になりません。

DSC_0008_R_20131014032128acd.jpg
UFOふれあい館2階にある展望風呂。
入館料400円で風呂にも入れリーズナブルです。

DSC04742_R.jpg
今日の貰い物。
UFOふれあい館のスタンプラリーの景品。
愛車にでも張るか。


次の目的地も珍スポットです。
DSC04743_R.jpg
UFOふれあい館の隣りにある小手神社です。
見た目の普通の神社です。
しかし、よく見るとおかしな所が多々あります。

まずは山門にある風神・雷神。
DSC04766_R.jpg
(;゚ Д゚) …!?
背負った袋?が破れてますが、多分雷神です。
完成度は低いです。
きっとこれは小学校の卒業制作か何かです。

DSC04764_R.jpg
( ´゚д゚`)アチャー
雷神は微妙なポージングを決めています。
表情も鳩山由紀夫の様にどこ見ているのか分からない視線ロンパってます。
背中に付いている太鼓も1つ落ちていて、風神と同じく雷神もガタガタです。

DSC04785_R.jpg
おや、台座の真ん中にミニ雷神がいましす。
風神・雷神に関係無く、両方の台座に潰されそうなミニ雷神が付いています。

DSC04744_R_201310140524046b0.jpg
社殿の隣りに祀られている誘宝道祖神(ユーホーどうそじん)。

DSC04745_R_20131014052437d6b.jpg
社の中には、中々のモノが奉納されています。
真ん中の大物は『木マラ』とも呼ばれ、旧家の棟木に祀られていました。


三番目の目的地は沼尻鉱山。廃墟散策と石拾いです。

安達太良山の麓にある池沼温泉から林道を登ります。
DSC_0012_R_201310140446212b3.jpg
駐車場にある警告板。
『致死量』や『有毒ガス』などの物騒な単語が書かれています。
車で登ってこれるのはここまで。
以降は自己責任で山登りです。

荒れた登山道を温泉供給用のパイプに沿って進みます。
DSC_0015_R_20131014044638969.jpg
Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ
途中、道が崩落している所もあります。
落ちても死ぬ事は無さそうですが、色々悲惨な事にはなりそうです

温泉源の手前に来ました。
DSC_0023_R_201310140447112ae.jpg
沼尻鉱山跡。
真っ白いズリや潰れた選鉱場に硫黄の欠片が落ちています。

DSC_0026_R_20131014044727869.jpg
空中索道用のモーター。
これ以外にも硫黄蒸留釜やトランスなどの遺構が狭い範囲に点在しています。

DSC_0041_R.jpg
沼尻鉱山跡奥の温泉源。
産地はこの奥にあります。

DSC_0032_R_20131014065903e6e.jpg
有毒ガス(硫化水素)の発生源を示す注意書き。
過去には犠牲者も出ています。

(;´゚д゚`)エエー
この先に湯船があり、呑気に温泉に浸かっている方がいました。

DSC_0034_R_20131014065922f61.jpg
自然硫黄の露頭。
この手前には重晶石の露頭もあります。
硫化水素で犠牲になったキツネのミイラもあったでゴザル。

収集品は未掲載。
写真を採る前に新聞紙で包んでしまいました。


猪苗代町まで移動して、晩御飯の買い出しです。
DSC_0055_R.jpg
スーパーに張られていた赤い羽根共同募金のポスター。
( ゚д゚)
随分、守備範囲の狭いポスターです。
別の物に見えてしまうのは、自分だけでしょうか?


今日はオイラの誕生日です。
DSC04792_R.jpg
豪華な半額セール品の晩餐。
1人でお祝いは、ボッチの宿命です。

1259656467911_R_2013082018375634f.jpg
『最後の晩餐だと聞いから来てやったぞ』
とっしー、不謹慎ですよ。


今日の記録
福島県川俣町鶴沢 『道の駅 川俣』

福島県磐梯町磐梯『道の駅 ばんだい』
移動距離 97.4km
燃費 13.3km/l
出費 3,833円
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。