FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百三十三日目北海道26

2013/09/06

DSC01029_R_201309200021090d5.jpg
この所、余り天気が良くなかったですが、雲一つ無い快晴です。
行楽日和です。しかし、今日は移動日。
ヽ(`Д´)ノプンプン

天気と言えば、関東方面は竜巻で大変そうです。
大型の竜巻に巻き込まれたら洒落になりません。
百三十三日目スタートです。

今日は屈斜路湖に向かいます。


道の駅の駐車場をブラブラしてから出発します。
DSC01030_R_201309200021206e3.jpg
昆布が天日干しされていました。
地元の方かと思ったら四国の方でした。

国道235号線をひたすら苫小牧に向かって進みます。


ウトナイ湖に来ました。
駐車場に偶然いたエゾリスを追いかけます。逃げるなー。
DSC01035_R.jpg
ちょこまかと動き回っています。
パシャッ! Σp[【◎】]ω・´)
何とか撮影。

ウトナイ湖サンクチュアリに悲惨な白鳥すごろくを見に行きます。
DSC01043_R.jpg
休館日でした。
ヽ(`Д´)ノウワァァァン
『電線にぶつかり若鳥が死ぬ(1回休み)』、『鉛中毒で苦しむ(1回休み)』などネガティブなイベントしかない
すごろくがあるそうです。


国道276号線を北上。
DSC01055_R_20130920002101939.jpg
屈斜路湖に来ました。
_| ̄|○ il||li
天気が悪くなりました。曇り時々雨です。

屈斜路湖の土産物屋街を歩いていたら珍な札を発見。
DSC01045_R.jpg
『ドゴォォォッ』
タイヤの鳴き音とともに出動して行く救急車と消防車。
(;´゚д゚`)エエー
イニシャルDかよ。
イニシャルDの様な画調で書かれていますが、
これでも『千歳市消防局屈斜路湖温泉出張所』の公式ポスターです。


屈斜路湖の傍にある苔の洞門に向かいます。
DSC01061_R.jpg
駐車場から約800m歩き洞門手前まで来ました。
現在は落石の為、仮設の展望台までしか行けません。

入口から即立入禁止です。
DSC01066_R_20130920030314e00.jpg
Σ(`Д´ )マヂデスカ!?
しかも見張り番(ヤル気の無いジジイ)まで付いています。
これでは全面閉鎖手前です。
ガッカリです。残念スポットです。

(`皿´)ムッキー!!
苔の洞門自体、殆ど見れないのに維持費と言う料金を徴収してます。
ここは駐車料金も発生しない無料の観光地のはずですが…
かなり感じが悪いです。

苔の洞門入口を撮ってお茶を濁しましょう。
DSC01063_R.jpg
樽前山が噴火したときに流れ出た溶岩が、沢水等により浸食されて出来た回廊状の峡谷です。
20種類以上の苔がびっしりと生えているそうです。
本気で侵入したいでゴザルよ。


そろそろお昼御飯の時間です。
DSC01073_R.jpg
一杯100円のきのこ汁。
100円の割に具だくさんでした。


国道276号線を登別温泉に向かって進みます。
DSC01079_R_20130920030344052.jpg
天気が良くなってきたので遠くに見える屈斜路湖を撮影。


登別温泉に来ました。
DSC01080_R.jpg
青鬼親子を発見。
何故、鬼が温泉地に?
調べたら、昔話や逸話など全く無いです。

日暮れが近いですが登別温泉を観光します。
DSC01154_R_201309200736240b3.jpg
大湯池。
日和山が噴火したときの火口跡で、湧き出た温泉で池が出来ています。

ここから大湯沼川天然足湯まで歩いて行きます。
DSC01148_R.jpg
日和山を撮影。
いまでも山頂から噴気が上がっています。

DSC01135_R.jpg
大湯沼川天然足湯に到着。

混雑してイモ洗い場です。
中国人観光客が大挙していました。

DSC01176_R.jpg
登別地獄谷。
うは、硫黄臭いでゴザル。
ココにも多数の中国人観光客が…
最早、中国を観光している日本人の気分です。

荒涼とした谷間を進んで行きます。
DSC01190_R.jpg
鉄泉池。
地獄谷のほぼ中央に位置する小さな間欠泉で、湯気が立ち上っていました。
間欠泉と言っても熱湯が吹き出る事は無く、2~3分の短い周期で沸騰を繰り返します。

間欠泉の前を陣取って撮影でゴザルよ。
DSC01187_R_201309200736499bb.jpg
(´・ω・`)ショボーン
停滞中。

湯気が出てきました。
DSC01189_R.jpg
(`・ω・´)シャキーン
活動中。

DSC01198_R_201309210330368fe.jpg
泉源公園。
温泉街にカラフルな金棒のオブジェが立っており、間欠泉があります。

鉄泉池とは違い、8mの高さまで噴出します。
DSC01200_R_201309210330441e6.jpg
轟音と共に噴出していました。
三時間毎に50分間活動(噴出)するそうです。

めんどくさいですが、室蘭市内の道の駅まで移動して、今日はお終い。


今日の記録
北海道新ひだか町三石 『道の駅 みついし』

北海道新室蘭市絵鞆町 『道の駅 みたら室蘭』
移動距離 281.2km
燃費 16.2km/l
出費 5,150円
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。