FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百三十一日目北海道24

2013/09/04

DSC00664_R.jpg
朝になって気が付きましたが、この道の駅はムカつく名前でした。
何が恋問だ。
アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!
呪います。
天と地に宿りし精霊たちよ、その祝福を持って我に力を与え給え。
恋問館に不幸が訪れますように。×100

1259656467911_R_2013082018375634f.jpg
『朝から痛いぞ。また「中二病でも恋がしたい!」ネタかよ』
ウルセー!!
としあきも呪うぞ。

人を呪わば穴二つ。こんな事やってるからポッチなのです。
百三十一日目は茶番劇からスタートです。

今日は炭鉱遺構を散策します。


まずは雄別炭鉱跡に向かいます。

交通標識らしき物を発見。
DSC00665_R_20130916153316e93.jpg
『馬横断注意』
初めて見る動物注意の交通標識です。

DSC00667_R.jpg
雄別炭砿入口辺りにある記念碑。
この先は、今では完全な無人地帯ですが、1970年初頭には人口15000人が住む企業城下町でした。

家屋は撤去されましたが、コンクリート製の建物跡はまだ残っていました。
DSC00669_R.jpg
砂利道沿いに残る雄別購買跡。

DSC00672_R_20130916153333b34.jpg
雄別購買内部に入ってみました。
結構広いです。

DSC00692_R.jpg
一際目立つ煙突。

DSC00706_R.jpg
鉱山鉄道の雄別炭山駅跡。
トロッコのスノーシェード? それとも索道線跡?
何らかの遺構がありました。

これを撮った時、デジカメが背景を複数回人物と認識していました。
まあ、よくある事ですが…
((;゚Д゚)ガクガクブルブル 
気にしたら負けです。

恐怖の生き物に遭遇。
DSC00711_R.jpg
キタキツネ(子狐)。
やっぱり最初は警戒していましたが、段々と近づいて来ます。
チキショー!! 物欲しそうにこちらを見てやがります。
子狐だから警戒心が薄いのでしょうか?
触れる位、近づいて来ました。

触ったいけないんだ… サワッタライケイナインダ…
駄目だ。これ以上、ココにいてはいけない。
モフモフ欲に負けてしまう。
。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウァァァン

何とかモフモフ欲に打ち勝ちました。
DSC00715_R.jpg
川岸の崖に露出している石炭層が見えます。

国道240号線、まりも国道を南に進み、旧雄別鉄道の鉄道炭鉱資料館に立ち寄ります。
DSC00751_R.jpg
旧古潭駅(こたんえき)。
鉄道炭鉱資料館に転用されていましたが、窓は閉め切られ、室内灯は薄暗く開店休業状態です。

DSC00736_R.jpg
C11形蒸気機関車とヨ8000型車掌車が展示・保存されています。


次も炭鉱遺産を散策します。
DSC00756_R_20130917031216ea3.jpg
旧尺別鉄道の跨道橋跡。
この先にかつて尺別炭鉱がありました。
雄別炭鉱と同じく、現在では完全な無人地帯です。

クマ出没注意の砂利道を徒歩で進みます。
DSC00768_R.jpg
尺別川の対岸に半壊した廃墟が見えてきました。
ウズウズ…
主要な施設は尺別川を挟んだ対岸にありますが、橋が撤去されていて渡れません。
向こう岸に行きたいでゴザルよ。

DSC00769_R_2013091703131214b.jpg
対岸に見える選鉱場跡。
クマに怯えつつ、渡河出来そうな場所を探します。

結論、無し。
ヽ(`Д´)ノウワァァン!!
仕方が無いので撤収します。


次の目的地は帯広です。国道38号線を北上します。

途中、『乳神神社』を発見。
DSC00777_R.jpg
北海道には珍しいおっぱいな神社の予感がします。

DSC00783_R.jpg
砂岩製の乳石が祀られた社。
北海道には珍しい奉納品がありました。
北海道の神社仏閣は、どこも建立されてから100年程度しか経っていません。
怪しい逸話や奉納品などは殆ど無いです。


畑にタンチョウがいました。
DSC00787_R.jpg
パシャッ! Σp[【◎】]ω・´)
ズームにしてもこの程度。望遠レンズが欲しいでゴザル。

帯広まで移動して今日はお終い。


今日の記録
北海道白糠町コイトイ 『道の駅 しらぬか恋問』

北海道音更町木野大通 『道の駅 おとふけ』
移動距離 230.0km
燃費 16.3km/l
出費 3,670円
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。