FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百二十日目北海道13

2013/08/24

百二十日目スタートです。
DSC07438_R.jpg
『道の駅 びふか』にはキャンプやチョウザメ館などが整備されています。
チョウザメがうじゃうじゃ。
何でチョウザメが山奥にいるかと言えば、道の駅の隣りを流れる天塩川に大正時代まではミカドチョウザメが遡上していました。
現在は北海道から絶滅。
北海道近海で稀に捕獲されるミカドチョウザメで繁殖を試みていますが、上手くいってはいない様です。

今日は紋別市で観光します。


国道239号線を紋別市に向かって進みます。
途中、下川町で寄り道。
DSC07440_R_20130901044759e04.jpg
謎の巨石建築?を見学。

大往生『こ、これが噂に聞く下川町の万里の長城か』
Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!
知っているのか雷電!! (AA略)
大往生『田畑から出てくる大量の石に困って、思い付きで万里の長城を建設開始』
大往生『2000年には全長2km達成。中国から万里の長城の名前を勝手に使うなとクレームが来たらしい』
伊達『無許可で作っていたとは… 下川町は恐ろしい所だ』

事情を説明し、現在では中国も公認しています。

DSC07469_R.jpg
桜ヶ丘公園の敷地に沿うよう作られ、歩ける様になっています。

DSC07456_R.jpg
建設中、石が一個1000円で売り出されており、12万個売れたそうです。
一見すると悪戯書きだらけ万里の長城です。

DSC07445_R.jpg
二十世紀少年に出て来そうなステンレス製の塔。
桜ヶ丘公園にある『下川町ふるさと交流館』です。

何処にでもある博物館で、古物が展示されています。
DSC07491_R.jpg
手動計算機。
実物を見るのは初めてです。
触って実際に計算出来ますが、ソロバンや計算尺の方がよっぽど速いです。


紋別に到着。
DSC07520_R_20130901053714cb3.jpg
ォオー!!(゚д゚屮)屮
ドリルが回ってますよ。
紋別港で流氷砕氷観光船の『ガリンコ号Ⅱ』を撮影。
夏場でも砕氷船が就航していました。
これから紋別港周辺を観光します。

三施設共通券を購入。
ますは氷海展望塔 オホーツクタワー。
DSC07627_R.jpg
流氷と流氷の下の海が見れるのを売り物している展望台。
夏に行くのは微妙です。

海中展望フロアに来ました。
DSC07527_R_2013090204473722c.jpg
案の定、魚の群れなどいません。
ヒトデや海鞘が海中窓にへばり付いているだけです。

ドクターフィッシュがいたので初チャレンジ。
DSC07533_R_20130901053725252.jpg
うむ、こそばゆいです。

DSC07603_R.jpg
水槽には身近な魚や蟹が展示。
花咲ガニが美味しいそうです。

DSC07578_R_20130902044742b8f.jpg
見た事無い丸い魚を発見。
ふうせんうお(幼魚)

DSC07618_R.jpg
冷蔵庫で保存されいる今年採取した流氷。
夏場でも(一応)流氷が見れます。
騙されているのか?


次は、オホーツクとっかりセンター。
名前からは想像出来ませんが、アザラシがいます。
DSC07659_R_2013090205232234d.jpg
運良くエサの時間です。
食い意地が張っていたり、のんびり過ぎてエサを横取りされたりと、アザラシにの個性があります。

DSC07679_R.jpg
アザラシ(♂)に触れました。
(´∀`*)ウフフ
年齢的にはオッサンばかりですが、可愛いです。
入園料200円でアザラシに触れるなら安いかな?


DSC07741_R_20130902052329d38.jpg
『道の駅 紋別』の裏にある蟹の鋏のオブジェ。
高さが12mあり、何でこんな物作ったのか不明な一品。

三施設最後はオホーツク流氷科学センター。
DSC07749_R.jpg
『道の駅 紋別』に併設されています。

DSC07757_R.jpg
円筒水槽にクリオネがうじゃうじゃいます。

オッサンが水槽にへばりつくでゴザルの巻。
DSC07772_R.jpg
ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
フォーカスが合わない!!
対象が小さく半透明で動く物を接写するのは意外に大変。

オホーツク流氷科学センターの目玉、零下20度の冷蔵庫に入りましょう。
DSC07818_R.jpg
防寒着など甘えです。
たった零下20度、普段着で突入じゃー!!
ε=ε=ヽ( ゚Д゚)ノ 逝ッテキマース

無謀な挑戦開始です。
DSC07794_R.jpg
入口付近に飾られた氷のオブジェ。
-20℃なんて大した事ないじゃん。
楽勝だね。
楽勝・・・




楽勝じゃ無いです。
ぎゃーー寒い!!
((;゚Д゚)ガクガクブルブル
このままだとオイラが氷のオブジェになっちゃいます。
(ナリマセン。低温乾燥して見苦しいミイラになります)
もう限界!! 撤収だー!!
無謀な挑戦は一分で挫折。結局、『無謀』でしかなかったです。

防寒着を着て再チャレンジ。
DSC07797_R.jpg
ダウンコート着ても十分寒いです。

階段を下りた先は、いかにも寒そうな所です。
DSC07801_R.jpg
実際、物凄く寒いです。
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
手袋していない指先がヤバい。写真撮るどころではないです。

実の母親は北海道出身で寒さに強かったですが、
その息子はヘタレです。
本当に開拓民の末永かよ?


鴻之舞鉱山で石拾いをしましょう。

ズリは広大ですが、目ぼしい物がありません。
急遽、鉱山遺構の散策に変更。
DSC07851_R_20130902071134afa.jpg
鴻之舞鉱山にある鴻紋軌道記念碑。
紋別と鴻之舞鉱山を結んでいました。
所々に橋脚が残っています。

DSC07849_R.jpg
顔がきりっとして尻尾がモフモフな生き物に遭遇。
やっぱり最初は警戒していますが、段々と近づいてきます。

(*´Д`*)オタベ
缶詰を開けようとするじゃない!!
しかも高いオイルサーディンを選ぶな!!
(`・д・´)オイルサーディン美味シイジャン

よい子も悪い子もキタキツネを餌付けしてはイケマセン。

DSC07860_R.jpg
鉱山住宅が廃屋と化して今も残っています。

DSC07862_R_20130902071151bd7.jpg
外壁はコンクリート製のブロックで残っていますが、屋根は完全に崩落。
今では屋根より高い木が生えています。

藪で分かり難かったですが、森に中にはまだまだ建物が残っていました。
DSC07889_R.jpg
コンクリート製の遺構。
これは一体何なのかは不明。

DSC07885_R.jpg
頑丈な蔵が残っています。
元住宅地なので爆薬庫ではなさそうです。

探せはまだまだありそうですが、周囲は立入禁止ばかり。
雷鳴も聞こえてきたので、雨が降り出す前に戻ります。


今日の記録
北海道美深町大手 『道の駅 びふか』

北海道湧別町中湧別中 『道の駅 ゆうべつ温泉 チューリップの湯』
移動距離 245.9km
燃費 15.8km/l
出費 4,523円
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。